20年ぶりの浮気。

2017/10/23 Mon 23:51

201710232351572d6.jpeg

茶色と青のラインの見込み三兄弟、そろい踏み

サクッと揚がった小海老の天ぷらの下は、たっぷりの刻み海苔に大葉、自家製のゆかり。
前にまーらさんから、大阪で食べて美味しかったのよー、と聞いて真似っこしてる「塩えび天丼」。
行ったことないけど何度もリピートしてるお気に入りメニュー

**********************

子供の頃、叔母さんに連れてってもらった京都の湯豆腐屋さんの天ぷらに驚愕!
花が咲いてサクサクの天ぷらに憧れて、小麦粉に冷水、卵でなんどもなんども練習してみたものの
どうにも思うようにうまくいかず…自家製の天ぷらっちゃーこういうもんだ、と半ば諦めて数年。
大人になってから、日清製粉「コツのいらない天ぷら粉」に出会った時の衝撃たるや!!

卵も冷水もいらず、混ぜ方に工夫もいらず、混ぜてから時間置いた衣でもサクッと揚がる魔法の粉
以来一人暮らしの頃から今に至るまで、ほぼ20年切らしたことのない「コツのいらない天ぷら粉」。
最近は袋の口がチャック式になって、より愛おしさが増してたのだけど…

先日、スーパーの粉もんエリアで初めての天ぷら粉を発見。その名もオーマイ「極さくり」。

その場でAmazonのレビューをチェックしてみたらかなりの高評価、ほほー!
愛してやまない「コツのいらない天ぷら粉」だけど…
「食感極めた、さくっと軽い仕上がりとふんわりごま油の香り」って売り文句にグッときて、
ついにとうとう、20年目の浮気(*´艸`)

そんなわけで「極さくり」、さっそくお試し

20171023235202dbf.jpeg

水を混ぜた衣に食材をくぐらせて揚げるだけ、ふつーに天ぷら粉。
でも揚げてる時からごま油の香ばしい香りがほんのりと…普通のこめ油なのに、へー!

で、揚げたてを塩ふってぱくり。あらおいしい
サックサクの衣は花咲天ぷらというより若干フリッターに近いくらいのサクサク感、
そのサックサクからしっかりごま油の香りが漂って…ちょっと江戸前風なカンジ
今日は海老しお天丼のつもりだったから小海老とナスだけ、どちらもさくさくに揚がって名に偽りなし

うんサクサク、うんおいしい。
でも……

ちょっとあのヒトに惹かれはしたけど、ほんの一時の気の迷い。
やっぱりワタシの心はアナタのもの…「コツのいらない天ぷら粉」サマ

ワタシ的には、「極さくり」というネーミングからはあっさり上品なさくさくを想像してたので
サクサク過ぎる食感もやや濃いめのごま油の香りも、若干くどさというか、やり過ぎ感を感じてしまって
ひと口目はおいしい、文句なしにおいしかったんだけど、ふたくち、みくちと食べ進むごとに重さが…

大葉とか春の山菜とか、食材そのものに清涼感があれば合うのかも?
あとは思い切り江戸前天ぷらのつもりで、アナゴやキス、ギンポなんかの魚介に甘辛つゆで天丼とか。
んーーー…やっぱり我が家の食卓にはあまりフィットしなそうだなぁ

そんなわけで20年目の浮気、見事元サヤ。
明日は帰りに「コツのいらない天ぷら粉」、買って帰らなきゃだー




関連記事
おいしい毎日。 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
天ぷらはある意味職人技を必要とする料理だよね。確かに画面からみてもフリッターに見えるわね。
油の種類や粉の分量 火のかげん どれをとっても疎かにできないのでハードルの高い分野に入るのかもねv-237
>幸子ママン
ほんっと、お店みたいなカリふわさくさくの衣って憧れーv-352
まぁ、寿司に天ぷらお蕎麦、どれも出来上がりはシンプル極まりないけどお店や職人さんで雲泥の差なわけで…
それだけ奥が深いんだよねきっと、市販の粉でどうこうしようってのが烏滸がましいんだろうなぁ(´д⊂)

やっぱりしばらくはまた、「コツのいらない天ぷら粉」頼りになりそうです〜。。

管理者のみに表示